*ほんわり歩き旅*

「大阪、天下茶屋をぶらり旅。」**素敵な森カフェ編**

みなさま、こんばんわ♪

きょうは冷たくて寒い雨の日でしたね。

体調など崩されていないでしょうか。

*******

「大阪、天下茶屋をぶらり旅。」

おさらい編はこちら♪
その1→ ♪♪♪
その2→ ♪♪♪



こうしてぶらり旅は続く。

産婦人科の帰り、「おっきくなってて良かったねー」なんて話しながら。

来るときはちんちん電車に乗ってきたけど、なんとなく

「歩いてかえろうか?」となりました。

てくてくてく…てくてく。

ふたりでこんな風に歩くのも久しぶり。

ぽつりぽつりとしゃべりながら、てくてく…

「ぶらり旅。」

**********

こうしてたくさん歩いて、立ち寄ったCAFE。

天下茶屋の下町にひっそりたたずむカフェ。

Smile! Happy! Sweet Home!

もう、見た瞬間、胸がドキドキ。

かわいいもの、素敵なおうち、素敵なカフェ。

そんな素敵なものに出会ったとき、無条件に胸が高鳴ります!

Smile! Happy! Sweet Home!
まるで森の中に迷いこんだような…そんな錯覚を起こさせる、そんな素敵なカフェ。

あふれる緑の中に、黄色い看板。

これってすごく良い。

Smile! Happy! Sweet Home!
そんな素敵な場所。

名前は「マロニエ」

*****
森の中のような緑、茶色の建物。そしてその中に無機質な銀色。

これってすごく良い!

Smile! Happy! Sweet Home!
森のコテージに入っていけるような、素敵なドア。

取っ手が流木、それがまた素敵。

このドアを見るだけで、気持ちが「ふわり」と軽くなって、楽しくなる。

Smile! Happy! Sweet Home!
そのドアを通ると、続くのは森の小道。

この小道を通ると、またドキドキ。

小さなドアを「カラン、カラン…。」と開けます。

そうすると、かっこよくヒゲをのばしたマスターと、優しそうなお母さん。

「いらっしゃい。」

******

ニコッとほほえむお母さんと、マスターの渋い声。

小さな店に広がる、コーヒーの良い香り。

入った瞬間、

「このお店はきっと良い店!」と確信しました。

Smile! Happy! Sweet Home!
お店に入ると、好きなところに座る。

わたしたちが選んだのは、緑がたくさん見える小さなカウンター。

カウンターテーブルの上にはセンスよく並べられた、季節の木の実やまつぼっくり。

さりげなく置かれている焼き物。

*************

Smile! Happy! Sweet Home!
わたしたちが座ったカウンターテーブル。

使いこまれたテーブルの歴史。

傷だらけ、それが素敵。

この色がすごく良い。



今まで何人のお客さんたちがこのテーブルに座って、私と同じように思って
「じーん…」と感動したことだろう。

そう思うと、もっともっとドキドキしてきたのです。

Smile! Happy! Sweet Home!
カウンターの前に置かれているのは

レトロなガラス瓶に入れられた、2色の角砂糖。



ガラス瓶の下にしかれた、白いコースター。
お客さんたちを目で楽しませてあげたい、そんなマスターとお母さんの心遣い。

そんな優しい空間に、心がどんどん「ふわり」と軽くなってゆきます。

Smile! Happy! Sweet Home!
置いてある本も一味違います。

「トトロの住む家。」

このカフェになんとも自然に馴染む本なのでしょう。


きっとこのカフェは、目をこらして探してみると、まっくろくろすけが出てくるのかもしれませんね。

そんな素敵なカフェでした^^

*********
そうして楽しんでいるうちに

優しそうな笑顔で「お待たせ。」と言って頼んだものをそーっと運んできてくれました。

*****

確かにふつうのカフェより、待ち時間が少し長かったのです。

わたしたちの座っているカウンターの真後ろがキッチンでした。


わたしたちが待っている間、真後ろでたくさんの音があふれていました。

「トントン…ジューッ…シュワシュワ…コンコン…」

丁寧に丁寧に、いちから愛情をこめて、きちんと作ってくれていた、

そんな感じから後ろから伝わったのです。



「お待たせ。」

その言葉には、うわべだけでなく、愛情が込められたそんな素敵な言葉だった。

Smile! Happy! Sweet Home!
丁寧に味付けされた自家製ベーコン。

お母さんの優しいレシピ、りんごのゼリー。

*******

最近食べたもので、いちばんおいしかったような、そんな気がします。

わたしたちはとても楽しみました。

ただただ、食を楽しむのではなくて

空間、時間、その人柄を表すような優しいサンドイッチ。

*****

そして、「カラン、カラン…」とドアを開けて帰るときには

なんともいえない幸せな気持ち。

心が満たされたそんな気持ちで帰り道を歩くことができる。

きっとそれが「素敵なカフェ。」なんだろうな。

それってすごく良い。

****

こうして「ぶらり旅。」を終えて那緒ちゃんと家路についたのです。
その続きはまた次回。
Have a nice day!
Marine

ブログランキングに参加しております!応援ボタンを2つクリックしていただけるととってもうれしいです!
よろしくお願いします!あなたのひとつのポチッが私の原動力です!!!♪♪
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ  Smile! Happy! Sweet Home! ミネストローネとマカロンをポチッと???
にほんブログ村





ABOUT ME
mari
築46年,3K,古くて狭い賃貸住宅での原状回復DIYに出会って人生がガラリと変わったことをキッカケに、ひょんなことから住み始めることになった築50年越え民家での暮らしをスタート! DIYの失敗も成功もすべて包み隠さず「気合いと根性」を合言葉に毎日奮闘中!