My Son*

「恋人」


image

息子は自然が大好き!

疲れ果てるまで遊ぶ!遊ぶ!遊ぶ!遊ぶ!



…ぱたん。

image

充電切れです、テントの中ですぅすぅすぅ…

ぐっすりお昼寝^^

子供やな〜かわいいな〜♪ 

image

ごろん、すれば森を眺め放題。


鳥たちの声 風の匂い 木々のささやき…

森を眺めてるとなんで眠くなるのかな〜?


「風薫る羽織は襟もつくろはず」


ぽつっ。と浮かんだこの言葉

初夏ってわけじゃないのに

森を見上げて寝転んでみれば 心地の良い涼しさ。


日向に一歩 出れば 蒸し暑いけれど

森の中はなんて爽やかなんでしょう


 気持ちいーねぇ、かいくん(*^^*)

image

車オタクであり、電車オタクでもある

息子Kaiくん!

電車に乗ると、終始テンションアゲアゲ↑


根暗な母と違い、超社交的な息子は

周りにいる大人たちと一瞬でお友達になれます(すごい)

見知らぬ人とハイタッチしたり、手をつないだり (´▽`)



私ひとりで乗るときの電車では

一切 口を開くこともなく、隣向かいに座ってる人の顔も知らず

無意識にスマホを触ってしまい

時間を無駄にしていることが多々。



でも息子と一緒だと いつも

知らない人やおじいちゃんおばあちゃん、いろんな人と

挨拶したり お話したり。

なんとも清々しく 心地良い時間に早変わりしてゆく。




いかに普段の自分が

下を向きながら歩き

ただひたすら 目的地に足を運んでいるだけなのだ

ということを思い知らされる。




人と関わることを避けていては、幸せになれない

暮らしの基本である挨拶を忘れてはいけない

そんな大切なこと、いえ当たり前のことを 息子が教えてくれています。




「きちんと挨拶しようね」

これは私が毎朝 息子と約束している言葉。


母ができずにいて、それを子供に教える資格があるのだろうか。

image

誰にでも笑顔でハイタッチできるハッピーボーイな息子から

習うべきことがたくさんありすぎて

正直、戸惑っています。


根暗な母にはハードルが高いなぁ…

時々、かいくんにはアメリカの血が入ってるのでは!?

と思うぐらい ハッピーボーイ!


自分だけだと恐らく行かないBBQやその他集まりにも

息子が積極的なことのおかげで

私ものそのそ…と根暗なりに出向けていたりすることも。 


そんなダメな母を助けるため

私の元へ神様が送り出してくれたのかもしれない…( ̄ー ̄) 

image

 出不精な私に 希望の光を与えてくれた息子。

息子が生まれた瞬間から心配だったのは「ママ」への仲間入りだった。

自分ひとりだと、苦手だろうがなんだろうが なんら問題はない

けれど、子供のことを考えるとなれば別です。

子供には社交性を身につけてほしいし

私の勝手な都合で これから広がるであろう世界を閉ざしてほしくない。

でも

公園もママ友も保健センターも病院もいわゆる「ママ」が揃う場所が怖かった

元々自分の根が暗い、ということもあるけれど

同じ歳の子が美しい日本語を話していたり

いろいろと心配事がある私は、勝手に壁をつくって

いつでもどこでもそそくさと逃げるように帰ってきていた。 


でもいつの日からか。

息子の人見知り時期は終わり、その頃から

ダメな私の代わりに、息子が隣の人に話しかけてくれて

会話の糸口をつくってくれたり 

息子がニコッと微笑むことで、場が和み、私も笑顔になれたり。

どんな人にでも懐いて、人の輪の中に入っていける息子のおかげで

私も息子の後ろからついていって(笑)集まりに参加できるようになったり。



あんなに小さかった赤ちゃんは、小さな紳士になりました。 




息子が生まれる前に

「男の子は小さい恋人やで〜!」といろんな方から聞きました

そんなアホな!恋人って!ほんまかいな! (´▽`)

って半信半疑、というか全然信じていませんでしたが。


…ほんまやった、恋人でした!笑
 
image

イヤイヤ!と激しいときもあるけれど

「マーマー、ごめんね?ね?」

なんて顔を覗き込まれると すべて忘れてしまうし

手をつなぎながら寝ると 私の方が安眠してしまうし 

とりあえず。



子供はママを必要としている、ではなく

ママがあなたを必要としていて

これ以上ないくらい かけがえのない大切な存在、ってことだけは確か。 


DIYに出会えて、私の人生は2倍楽しくなった!

そう言っていた、でも

息子に出会えて、私たちの人生は100倍ハッピーになった! 

これはまぎれもない真実であり、そしてそれは これからも変わらない。 

IMG_1557

先日の記事で書いていた

空に向かい 凛と伸び上がる美しい姿のシロツメクサは

まるで、私にとっての息子のようです^^

遊びに来てくださり、ありがとうございました♪

Have a nice Day!Mari.



↓ブログ更新のモチベーションになりますので、応援クリックお願いします
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村がんばれ!応援クリック
  

 
 
   



ABOUT ME
mari
築46年,3K,古くて狭い賃貸住宅での原状回復DIYに出会って人生がガラリと変わったことをキッカケに、ひょんなことから住み始めることになった築50年越え民家での暮らしをスタート! DIYの失敗も成功もすべて包み隠さず「気合いと根性」を合言葉に毎日奮闘中!