未分類

「黄色とパリへの憧れと食パンの思い出」

こんにちは!

DIYer MARIです(*^^*)

週末いかがお過ごしでしょうか?

2017-09-22-12-17-06
パン屋さんが、好きです!

2017-09-22-12-16-42

私が4,5歳の頃、母はパンを配る仕事をしていて

いつもくっついて一緒に行っていた

おじいちゃんおばあちゃんのお家にパンを届けるその仕事は

とても楽しく、車の中がパンの香りで埋め尽くされていて

働くお母さんをカッコ良いなぁと子供ながらに憧れていた
 2017-09-22-12-16-53
その頃はパンよりも白いごはんが大好きだったのにも関わらず

小学校低学年の文集には

「おとなになったら、パン屋さんになりたい」 

はりきって、夢というか野望を書いていたほど。 

2017-09-22-12-16-29

夢はやぶれて パン屋さんにはなれなかったけど

大人になった今、お米よりもパンが大大大好き。

近所のパン屋さんの

金曜日限定…チョコクランベリー

これがほんとに最高!

美味しくて美味しくて毎週わくわくしてます、チョコクランベリーに首ったけ。


母がながーーい食パンを抱えながら笑顔で届ける姿を

今でもふと思い出すことがあります 

 思い出とともに、大好きになったパン

小さい頃の記憶って不思議と薄れないんだな、そう考えると

母からいっぱいもらったように、私も息子に残してあげたい、なんてエゴかもしれないけど。

2017-09-22-13-31-27

最近

古い本を棚から引っ張り出してきて、じっくりと読み直してます

 この2冊はいつ読んでも、気分がぐんぐんよくなる


自他共に認める黄色好きの私は

気づけば、服もカバンも靴も黄色ばかりで

大丈夫か、と言われることがあるほどなのですが。


この本の、黄色のカフェオレボウルの文章が大好きです


“それはミモザの黄色、蜂蜜の黄色、小麦の黄色
何よりもフランス人が、いやヨーロッパ人が愛してやまない太陽の色、光の色… 
大好きなマダムがよく言う「お日さまのしたでごはんを食べよう」とか
「パリではできないから、田舎では洗濯物はお日さまに当ててあげるの」
というフレーズが頭をよぎる
黄色jauneジョーヌは生きる力と幸せをあたえてくれる色なのだ” 


…あぁ、素敵!


そんな日は、久しぶりに「アメリ」がみてみたくなったり

クレームブリュレが食べたくなってみたり。

いつか行ってみたい、パリでカフェオレを飲んでみたい!

なんて妄想を、今日も繰り返している。

Have a nice Day!Mari.

 今日もブログへ遊びに来てくださり、ありがとうございました♪

↓ブログ更新のモチベーションになりますので、応援クリックお願いします‼︎
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村がんばれ!応援クリック
  
 

Facebookページ「10,100いいね」を越えました、ありがとうございます!
ブログには載せていない動画や リアルタイムDIYなども
どんどん更新していきたいのでどうぞ「 いいね!」お願いします(*^^*)
「LINE」も「facebook」どちらもブログ更新情報が届くようになっています♪  
      
   
 
 



ABOUT ME
mari
築46年,3K,古くて狭い賃貸住宅での原状回復DIYに出会って人生がガラリと変わったことをキッカケに、ひょんなことから住み始めることになった築50年越え民家での暮らしをスタート! DIYの失敗も成功もすべて包み隠さず「気合いと根性」を合言葉に毎日奮闘中!